カエサルー「ローマ人の物語」よりー

今日は、午前中は、
舞台の製作発表の司会でした。




松竹・フジテレビ・朝日新聞社が主催で、
主演は松本幸四郎さんです!
壮大なスケールの舞台になること、間違い無しです。

原作は、塩野七生さんの大ロングベストセラー
「ローマ人の手紙」です。その中から、もっとも
劇的なユリウス・カエサルの部分を脚色して
上演されるのです。

「ルビコン川を渡る」と一般的に言いますが、
この本を読んで初めて私は
その意味を理解したような気がします。
この舞台をきっかけに、再度読みたくなりました。


”カエサルー「ローマ人の物語」よりー”
公演は、10月3日から27日まで
日生劇場にて。
(8月21日からチケット発売です)

これは、見逃せませんね!!