梅吉暦〜春〜

昨日、梅吉に手を入れた途端、
生温かさを感じました。

毎日、震災後の大変な現実を見つめながら、
それでも季節は確実に移り変わっています。

冷たくてすっぱい匂いだった梅吉も、
やわらかくて活発な発酵を感じさせる香りに
変化してきましたよ。





毎年、まことに勝手ではございますが、
昨日、3月20日をもちまして、”梅吉暦の春”とさせて
いただきます。

過去を振り返ってみますと、梅吉に春を感じたのは・・・・・

2008年 3月11日
2009年 3月14日
2010年 3月16日

・・・・・・と年々遅くなってきています。
特に今年は、震災後、
冬に逆戻りしたかのような寒さが続いています。



数日前に、経営管理室のケイコさんが、
家で精米した際に出る「ぬか」を
ためておいて渡してくれました。




鍋で炒って、「いりぬか」を作りました。
煙が少し出るくらいに香ばしく炒りました。
これから、梅吉に使いましょう。

無駄なく、できることを少しずつ、
丁寧に暮らしていきたいと思います。