梅酒の季節・その2

さあ、すっかり水気も取れた梅の実を、
一個一個丁寧に拭いて、瓶の中へ
入れましょう。

三分の一ずつ、梅の実と氷砂糖を
交互に入れていくようにすると良いですよ。




味見のために小瓶にも作っておきましょう。

さあ、ここで一気にお酒を注ぎます。
今年は、ブランディリカーにしました。
濃厚な色ですね。



はーい!!
できあがりです。
漬けこんだ日を記したラベルを貼って、
暗いところで、しばしおやすみなさーい。


三か月もすれば、飲めるようになります。

本当に味が出てくるのは一年後ですが、
ついつい、早めに味見してしまうんですよね。(反省)