千葉のアヤコおばさんから、
秋の味覚・柿が届きました。
庭の柿の木から朝もいで、
その日の夕方に届く”当日便”です。

たくさん入ってます。



なかに、「鶴の子」と呼ばれる種類があって、
細長い形をしています。
「シブ柿」が結構多いらしいので、
「干し柿」にすることがあるそうです。
アヤコおばちゃんが、
鶴の子にはわざわざ枝を付けておいてくれました。





わたしも、皮をむいて、
ベランダの布団干しにぶら下げてみました。
どうなるかな〜???