夜桜能

行ってきました「夜桜能」。
昨夜は三夜連続の最終日でした。

その前日はみなさんご存じのように
爆弾低気圧が日本列島を荒らしまわりました。
ために、屋内にて行われました。

そして、昨夜は実に穏やかな気候となり、
「夜桜能」には絶好の条件が整いました。
靖国神社の桜も咲き始めて、さらには
お月様も輝いて、パーフェクト!




思わず、開演前に、あべちよちゃんと記念撮影!

演目は、狂言「三本柱」と、能「石橋」(しゃっきょう、と読みます)です。
「石橋」は歌舞伎では、「連獅子」や「鏡獅子」などでも
おなじみの華やかなおめでたい演目ですが、
恥ずかしながら能で観るのは初めてです。
能が起源となり、歌舞伎に伝わったんですよね。

昨夜は、宝生流の「石橋」でした。
能にしては珍しく舞台装置も登場しました。
一畳台に刺す花が、紅白の牡丹に加えて、
鴇色(ときいろ、ピンク色ですね)の牡丹も登場して新鮮でした!

靖国神社の桜の花に包まれて、一期一会の幽玄の美を
たっぷり二時間超、堪能いたしました。