アナトレ朗読講座

16日の土曜日に、
アナトレ講座の朗読発表会がおこなわれました。

場所は、フジテレビのマルチシアター。
今回の生徒さんは16人。
全員そろっての晴れ舞台です。





この講座を担当したのは、共テレの植田泰史監督。
毎回、魂のこもった講義で、生徒さんたちを
魅了していました。
アナウンス室からは、いつものメンバー。
向坂樹興アナ・阿部知代アナ、奥寺健アナ、
梅津弥英子アナ、私、の五人が講師をつとめました。

作品は、朱川湊人さんの「いっぺんさん」と「空のひと」の
二つの作品です。

「いっぺんさん」は生徒さんだけで朗読したのですが、
聞いていて涙が止まりませんでした。
前回の舞台も良かったのですが、今回はみなさん、
格段の進歩を見せて下さり、大きな感動を呼びました。
私たちアナウンサーらが、そのあとの作品「空のひと」を
朗読する順番でしたが、気持ちがなかなか収まらず、
奥寺アナなどは、「僕、あれ聞いてしまったら、次できませんよう」と
こぼしておりました・・・。


あとで聞いたら、みなさん、やはり相当にお稽古をしたということ。
植田監督の的確な演出に加えて、くりかえし稽古をすることが
あの舞台につながったのですね。

私がこの講座が好きなのは、
毎回自分も初心に帰ることができるからなのです
生徒さんたちの緊張感を自分のものとして、
生徒さんたちの素直な反応をみて、なるほどと気づきがあり、
昔の(!?)自分に戻ることができるのです。


次は、秋開講の講座でまた会いましょうね!
と言葉を交わしあいました。
本当に、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!!