秋の贈り物





千葉に住むアヤコ叔母さんから、
秋の味覚が送られてきました。

柿は、庭にある、百年は経っているという
「骨董柿」の木に生っています。
アキラ叔父さんが、早朝5時半に
起きて、もいでくれました。
顔つきは悪いですが、甘かったなあ!

栗もサツマイモも入れてくれました。

実家のレイコさんとしみじみ、
「自然の恵みはありがたいねえ・・・・」と
語り合ったことでした。

アヤコおねえちゃん(と、わたしは呼んでいます)
いつも本当にありがとうございます!!
アキラおじさんにもよろしくお伝えくださいませ。