名古屋・御園座




名古屋にある御園座に、
日帰り強行軍にて
「中村勘九郎襲名披露興行」
を昼夜通しで観に行ってきました。

若きスターの勘九郎さんを、
菊五郎さんや仁左衛門さんを始め
豪華な顔ぶれで盛り立てて、
素晴らしい舞台でした。


中でも、私が感激したのは、夜の部ラスト。
「義経千本桜」の川連法眼館(かわつらほうげんやかた)の場。
 通称・四の切(しのきり)とも呼ばれるこの作品は、
鼓の皮にされてしまった親狐を慕う子狐の物語。
主人公の子狐が、武将・ 佐藤忠信に化けて、
源義経らの前に現れるという設定です。

狐の親子愛、そして源義経と静御前の悲運。
あまりに可哀想で、観ていて涙が止まりません・・・・・。

勘九郎・七之助・菊之助という若手ホープたちによる
華やかな美しさが印象的でした!