酒と涙とジキルとハイド






週末、池袋にある東京芸術劇場で
「酒と涙とジキルとハイド」を観て来ました。

ジキルとハイドを、一人で演じ分けるのではなく、
片岡愛之助さんと藤井隆さんの
二人に分けるという発想が秀逸です。

最近の三谷舞台の常連となっている藤井さんの
ハジケた演技、愛之助さんの安定感ある面白さ、
(特に、おネエ言葉を繰り出すシーンがあり、
まさに満を持しての登場でした!満喫!!)

さらに舞台初登場の優香さんが二重人格キャラクター。
婚約者役なのですが、華やかで可愛くて、
一生懸命で、もう釘付けでした。
助手役の迫田孝也さんも、笑いの巧者。

伏線をはりながら、笑いを積んで積んで、
最後に大爆笑させる”三谷マジック”を
存分に堪能しました。