六月燈の三姉妹

最終試写に行ってきました。
「六月燈の三姉妹」という映画です。
六月燈は、発音的には「ロッガッドー」と
聞こえるのですが、燈籠が奉納される
鹿児島地方のお祭りのことです。

鹿児島の和菓子屋さんの三姉妹をめぐるストーリー
なのですが、鹿児島の情緒豊かな方言が
全編通じて、実に味わい深く効いてくるのです。

私としては、好きな女優さんが目白押しで
コーフンしちゃいました。
吹石一恵、吉田羊、徳永えり。以上の三姉妹の
お母さん役が市毛良枝さんなんですが、
鹿児島弁がナチュラル!
津田寛治さんのダメ夫ぶりも素敵だし、
お父さん役の西田聖志郎さんのクセになる
存在感もいい。

もとは同名の舞台の評判が良くて、
その後映画化の話が持ち上がったそうです。
登場人物全員がちょっと不幸な生活を送っていますが、
楽天的に、前に前にと進んでいくパワーに、
心から励まされます。