嬉しいつながり・・・・

先週末のできごと。
フジテレビ・アナウンサーによる朗読舞台
ラヴシーン」で脚本を書いてくださった
里島美和先生からの依頼で、
映画のアフレコに行ってきました。

里島さんが初映画監督を務める
「かがり糸」というこの作品。
私は、主人公の実の母親役です。
離婚したために、主人公とは離れ離れになり、
強い思いを残しながらも、結局再会できずに亡くなってしまう
・・・という悲しい設定です。

稽古を重ねていくうちに、二通りの解釈がうかび、
両方提示して、里島さんに選んでもらいました。


里島さんと初めて出会ってから7年がたち、
また違ったアングルからの仕事でご一緒できるという
嬉しい時間が過ごせました。
里島先生、本当にありがとうございました!
(お隣は、アソシエイト・プリデューサーの村岡克彦さんです。)