観劇日記

ニューヨーク旅行記にばかり力を入れていたら、
その間に観た舞台の話を書かず仕舞いでした。
ちょっと振り返ってみますね。

「抜け目のない未亡人」@新国立劇場(7月19日)


上演台本・演出が三谷幸喜さん。
大竹しのぶ、岡本健一、木村佳乃、高橋克実、八嶋智人、浅野和之、
段田安則、峯村リエ、中川晃教、小野武彦・・・・・・・!
よくぞこれだけの俳優陣をそろえました。ベネツィア映画祭で盛り上がる現地で
伝説の大女優と彼女を取り巻く映画人たちの物語。
もちろん大女優は大竹しのぶさん。
この舞台は大竹しのぶショーの様相を呈していて、一体一人何役やっちゃうの???
と女優魂がさく裂しています!!!

真夏に途切れなく笑える、肩の凝らない作品でした。
稽古場はさぞやテンションが高かったでしょうね。


「松竹新喜劇爆笑七夕公演」@新橋演舞場(7月21日)


 
松竹新喜劇劇団創立65周年記念ということでしたが、
恥ずかしながら、わたくしは初体験!

こんなに笑えて泣ける舞台なんですね。
知らなかった!!
松竹新喜劇の役者さんの関西弁が、とてもやわらかくて
ゆっくりと聞こえて来て、しみいる感じです。

この日は千秋楽だったということ、
また16年ぶりに新橋演舞場公演でもあり、
座長の渋谷天外さんはじめ出演者のご挨拶が
感動的でした。
藤山寛美さんの孫の藤山扇治郎さんが、
よく似ている!!!
歌舞伎界からは坂東彌十郎さんがゲスト出演して、
扇治郎さんが中村勘九郎さんと歌舞伎座で共演した
エピソードを明かしていました。