JAPAN THEATER

週末に、コレド室町の日本橋三井ホールに
「JAPAN THEATER」を観に行ってきました。


市川海老蔵が紡ぐ和の世界、と題して行われた舞台です。

仕舞、朗読、落語、歌舞伎舞踊が二つ、という盛り沢山の内容です。




どの演目も短時間なので、少しずつではありますが
伝統芸能の魅力があふれる、
メリハリが効いたラインアップです。
日本固有の伝統芸能を、間口を広く扱っていて親切な印象です。
私が、学生時代に出会いたかった舞台ですね。
歌舞伎のスターをきっかけにして、こんなに楽しめるのですから!

朗読の「平家物語」は、歌舞伎役者ならではの迫力で、
節回しも素晴らしかった。
さらに、ラストの書き下ろし作品
「男伊達花廓(おとこだてはなのよしわら)」は、
「助六」を彷彿とさせる大道具を背景にして、実に華やかな演目です。
海老蔵さんに釘付け、目の保養になる作品でした。
若い女性が会場に多くて、嬉しくなりました。