平成中村座




ようやく平成中村座の昼の部に行くことが出来ました。

浅草寺の境内に建てられた、三年ぶりの中村座のテント小屋です。
入口には、キムさんこと木村計美さんを始めお茶子さんたちが
キビキビとお客様を劇場へとご案内しています。

見た目には変わらない風景なのに、三年前との大きな変化に
ちょっと息が苦しくなりました。

「双蝶々曲輪日記 角力場(ふたつちょうちょうくるわにっき すもうば)」
獅童さんの二役がくっきり鮮やかです。彌十郎さんの濡髪長五郎の大きさが
印象に残ります。

「勧進帳」
橋之助さんの弁慶、勘九郎さんの富樫、七之助さんの義経。
中村座の素晴らしい点は、役者さんの汗や息づかいまで、ごく近くで
感じられることです。

「魚屋宗五郎」
勘九郎さんの宗五郎、七之助さんの女房おはま、亀蔵さんの父太兵衛、
いてうさんの小奴三吉。泣いたり笑ったり、息の合ったチームプレーでした。

勘三郎さんの思いが詰まった熱気あふれる時間でした!!