朗読舞台「ことば ことば ことば」

先週末の土曜日は
朗読舞台「ことば ことば ことば」の第二回公演でした。
@しもきた空間リバティ



去年に引き続き同じ顔ぶれです。
右から
野間脩平さん。作品は、
池波正太郎作 鬼平犯科帳より「深川千鳥橋」

斉藤由織さん&筒井櫻子さん。作品は、
桐野夏生作 「魂萌え!」

そして、わたくし。作品は、
井上ひさし作 「東慶寺花だより」

わたくしは、江戸時代のお話でしたので、
絣(かすり)の着物に、地毛で日本髪風に。
この着物は、もとはと言えば実家のご近所のヤマシロさんのもの。
この帯は、義母のナホミさんの銘仙の羽織を帯に仕立て直したもの。
ちょいとアップで見てください。





故・西澤實先生の弟子のわたくしたちが、
朗読の魅力に取りつかれ、
こうして第二回公演が実現したことは
本当に嬉しいことでした。
ご来場くださったみなさま、
本当にありがとうございました!!