「八代目中村芝翫襲名披露」11月編

そして、今月11月。
襲名披露興行が二カ月目に突入です!
東銀座駅構内のポスターも絵柄が変わりました。
期待の「四人連獅子」、大きすぎて全員入れ込みの
写真が撮れません・・・・・(笑)!!



祝い幕は先月同様、佐藤可士和さんデザインです。
ポップで可愛いですね♪



この日は、着物で出かけました。
あべちよちゃんと、キョウコちゃんと三人で。




演目で注目はやはり「四人連獅子」。
史上初なんですね。
三人兄弟の仔獅子をリードして踊る親獅子の芝翫さんが、
大きくて、厳しくて、慈愛に満ちていて・・・・・・。
ご長男の橋之助さんは、さすがに父上と息もぴったり。
ご次男福之助さん、三男歌之助さんが
父と兄を追いかけるように必死の毛振り。
この毛振りが、いつかは四人全員でぴったり一致するという
奇跡の瞬間がやってくるのです。

閉場前の歌舞伎座で見た、中村屋の親子連獅子がそうでした!
勘三郎さん・勘九郎さん・七之助さんが本当に揃っていたのです。
そんな奇跡の瞬間の記憶をたどっていたら、我知らず涙がこみ上げ、
顔がぐちゃぐちゃになってしまった・・・・。隣でちよちゃんも涙。
終演後に楽屋をお訪ねしたのですが、
私とあべちよちゃんの顔を見た芝翫さんが、
「あなた方の顔を見ると、哲さん思い出しちゃうね・・・・・」と
おっしゃっていました。ここでも涙ですね。

ともあれ、おめでたい一日でした。
改めて、ご襲名本当におめでとうございます!