「錦秋特別公演」の思い出


胸がいっぱいになった日。
「中村勘九郎 中村七之助 特別公演2017」の
東京ならびに大阪公演の
芸談コーナーを担当いたしました。

ふだんなかなか歌舞伎をご覧になれない方に
見ていただこうと、全国を巡業するイベントで、
今年で13回目になりました。

第一回の制作発表の司会を務めたご縁で
毎回拝見していて、亡くなられた武藤まき子さんが
芸談コーナーを担当していらしたのが印象に残ります。
天国のおまきさんから「てんこ!もっとメリハリ付けて
しゃべりなさい!!」なんて声が聞こえてきそうです。

中村屋のご兄弟にとって、新作が多かったこの一年。
野田歌舞伎の思い出について七之助さんが、
「2001年の”研辰の討たれ”の初日は、
観客総立ちの拍手喝采で、再び幕が開くと客席が壁のように
見えて凄かった。いつも新作は緊張することはないのに
この夏の野田歌舞伎の初日ばかりは緊張した。けれども、
同じ興奮を味わえた」と。
勘九郎さんは、「やはり父も出たかっただろうと思う」と、
おっしゃっていました。

パンフレットは、文京シビックホール他のもの。
いつもなら塚田圭一さんのインタビューが掲載されていたのに
それもなく寂しい。

空の上の方々に思いを馳せて、胸がいっぱいになった一日。
2017年の思い出。


もうすぐ大晦日。
歌舞伎研究家にしてわたくしの人生の師匠、
塚田圭一さんのご命日がやってきます。