九州北部豪雨から一ヶ月。


週末から今日にかけて福岡県朝倉市と大分県日田市を訪れました。


7月5日に発生した豪雨被害から一ヶ月経った現在も、未だ手付かずの場所がたくさんありました。
 





本来は白いガードレールを挟んで手前側が道路、向こう側が川でした。
 
ですがガードレールが埋まってしまいそうなほど土砂が堆積し、道路だったはずの場所に水が流れています。






私は今回が4回目の被災地取材だったのですが、災害発生当初からあまりに変わっていない危険な場所が多々見受けられました。


まだまだ住民の皆様は不安と危険の隣り合わせで生活をされています。

また安心して暮らせるよう、一刻も早い復旧を願うばかりです…。。



と同時に、この現状を伝え続けることも必要だと改めて強く感じました。




そして、いま日本列島には台風5号が上陸していますよね。

こちらも心配です…

台風の被害が予想される地域の方は本当にお気をつけください!