「罪悪感の朝」


今朝は。
やっちまったなぁ〜。。

電車の中にて。
只今、反省中。。


今日の朝ごはんは、豚汁にお握りだった。

30分の寝坊に加え、
昨日の残りのおかずを、私用のお弁当にするのに好都合だったから。

鮭とノリのお握りを、私用に2つ、怪獣用に小さいのを2つ。


怪獣はというと、寒いからか眠いからか、ウダウダしている。

そんなのはよくある事だったので、
私は遠くから声をかけつつも、そのままにしていた。


「バナナたべるぅ〜」

今朝はお握りだからシリアルはダメ!と言ったら、次にこう言われた。

仕方なく、

「お握りも食べないとダメよ〜大きくなれないよ〜」

と言いながら、バナナを渡した。


怪獣は、すぐさまバナナを食べると、

またお握りを持って、ウダウダし始めた。


半分、怪獣がお握りを食べた頃。


ふっと目をやると、お握りを解体しようとしているのが見えた。


「食べ物は大切にしないといけないの。1つでいいから、きちんと食べてね。」

怪獣を叱り、お握りを握り直す。


食べ始めたのを確認し、私は保育園の連絡帳を書き込む。


すると今度、怪獣はウロウロしながら食べ始めた。

ポロポロご飯粒が落ちている。


「こらぁ〜!お行儀悪いし勿体ない!落ちたら食べられなくなるでしょ!!」

2度目は、少し声が大きくなる。


そして、3回目。

怪獣が、お握りの欠片を、わざと床に投げているのを見た。

決定的な瞬間。

カッとなってしまった。


「食べ物を粗末にしたらママ怒るって言ってるでしょー(怒)!!!

お握りを食べたくても食べられない人がいるのよー!!!」


固まる怪獣。


そして、

まだ起きなくてもいい時間なのに、

パパが起きてきた。


大きな声を出したもんね。
( ̄▽ ̄;)


結局。

パパにそのまま保育園に送ってもらうわ、

別れ際に、怪獣には久々に泣かれるわ、

罪悪感も、わきまくるわけで。。


感情的にならないようにしていても、出てしまった大きな声。

寝坊のせいで、怪獣にきちんと向き合っていなかったのは私。

一緒に食べていたら、あんな事しなかったかもなぁ〜。。

今日に限って、お迎えが少し遅いんだよなぁ〜。。

こんなに後ろ髪を引かれながらの通勤は、いつぶり?


電車の中。

お弁当と一緒にして持って出た、怪獣が残した小さなお握りを見詰めながら、

色々考えた。


子育てには、何より気持ちの余裕が必要だ。

朝は特に(苦笑)


お弁当を、ダイレクトに紙袋に入れる辺りも。。

気持ちに余裕を!!