「お疲れちゃん」


週末、土曜日は保育園の親子遠足で、朝からお弁当を作り、バスで公園へ行ってきた。

木や葉っぱを使ってメダルを作ったり、紙飛行機を作って飛ばしたり、

朝は風が冷たかったけど、徐々に雨上がりの暖かさを感じる中、

水溜まりを見付けてニヤリ( ̄ー ̄)とするのは、

怪獣と、仲良しチー君。
(以前「兄弟のようで」に書いた、問題児2人!)


最初はそぉ〜っと足を踏み入れ。。

バシャンッ!

1発目は、チー君だった。

怪獣は、その1発で、片方の靴とズボンの裾に泥が跳ねた事に大騒ぎ。

その後は、キャーキャー言いながらも、
チー君の動向を少し離れた所から見守るのみだった。


結果。

チー君は、股下全てが泥色に染まった。


帰り道。

トイレで着替えを済ませ、ぐっしょり濡れてはけなくなった靴を持ち、
チー君をおんぶして歩くチー君ママ。

偉いね〜

1発目のバシャンッ!が怪獣だったら。。

怪獣だけ泥だらけ?か、
2人して泥だらけ?か。

泥にまみれて大喜びの怪獣が目に浮かぶ。。

どちらにしても、他人事じゃない。


泥にまみれるチー君を見守る間、
「うわぁ〜(汗)!大丈夫〜?!」
と、他のママや先生から叫び声が何度か聞こえた。

信じられなーい!という表情の人も、中にはいた。


やる前に止めるのも親、
好きにやらせるのも親、

「やらせてからプリプリ怒っちゃうのは、良くないと思うんだけど、ついね〜」

やれやれ顔のチー君ママが言った。


でも、私は、

やらせてから怒るのも親、かなぁ〜と思う。

好きに楽しむ→服や靴が汚くなって大変な想いをする→ママも怒り気味

→子供なりに色々感じ、考える。

それも良いかと。



土曜日の午後は、私の友達が子連れで遊びに来た。

年下くんと、赤ちゃんを前に、お兄ちゃんの意識↑↑な怪獣は、

1人でトイレに行く事や、1人でご飯を食べる事をアピールし、

年下くんに、
「やっくん、しゅごぉ〜いぃ〜♪」
と言われて、照れまくり、

皆が帰るまで昼寝もせずにハッスル!し続け、

皆が帰った後、ほんの数分目をはなしていたら。。

写真の様に、お腹を出して沈没していた。


1日一緒にいると、色んな怪獣が見られる。

でも、この寝姿が、ママは1番好きなんだなぁ〜。。