「泣ける相手」


度々、この怪獣ブログに登場しているチー君。
(怪獣の保育園の友達・福井さんの言うところのマリオブラザーズの相方。笑)

昨日は、我が家で一緒に晩ごはんを〜♪と、前々から約束していた。

そんな約束に至った理由。

それは、2人が最近、あまりに仲良しだから。。



ある日、保育園に迎えに行くと、怪獣が珍しく号泣していた。

訳を聞くと、

『タッチの差でお迎えが来たチー君が、先に帰ってしまったから』

という事だった。


お迎えのタイミングが一緒なら一緒で、

「ちーくんのおうちぃ〜いく〜(涙)」
(チー君のお家に行く〜)

と泣かれる。

チー君は泣いてないのに・・・(ため息)


・・・なので、

昨日は先に迎えに行ける私が夕飯を作るから、食べに来て〜

と誘っていた。

お陰で、今週は“チー君泣き”から解放されていた。


夕方、一足先に、怪獣を保育園に迎えに行く。

「あとで、ママとやっ君のお家に来てね〜♪」

そう私がチー君に言うと、

写真のように、ソファーの上でじゃれ合っていた2人は、興奮して。。

ドッシーン!!

怪獣が背中から落ちた。

( ̄▽ ̄;)

でも、

こういう時は泣かないんだなぁ〜。

楽しいパワーは、痛みも越えるらしい。



怪獣と、家で待つこと1時間。

ピーンポーン♪

それまで、

チー君に見せるだの、一緒に食べるだの、

色々用意していた怪獣は、

飛び跳ねながら、玄関へ迎えに行った。


それからは、ご飯もソコソコに遊ぶ2人。

母親も、まぁ〜いっかと、話し込んでいた。

たまたま久々早くに帰宅となったチー君パパにまで来てもらい、

のんびりウチごはん〜だった。


と、その時・・・

「うわぁ〜ん!(大泣き)」

怪獣が泣いた。


何々?ケンカ〜?


怪獣が泣くことは珍しくない。

良くも悪くも、感情を常に表に出す怪獣は、チー君とのケンカでもよく泣く。


まぁ、オモチャの取り合いでもしたんじゃない?

そう思っていたら。



「う゛っうう゛っ」

違う泣き声まで聞こえてきた。


チー君だ。。


チー君が泣くのは、珍しいことだった。

怪獣と仲良しだけどタイプの違うチー君は、感情を必要以上には表に出さない。

少々叩かれようが、噛まれようが、泣かない。

だから、怪獣が大泣きしていても、話を聞くと、

実は先に叩いたのは、チー君じゃなくて、怪獣だった。。

なんて事もあった。

大人が見聞きしている事だけで、子供のケンカを判断しちゃいけないと、

思わされたことだった。



で、

珍しく泣いたチー君も、

要は、怪獣とのパズルの取り合いで、

1回我慢した怪獣が、2回目に手を出し、

チー君の作っていたパズルを壊してしまった事が悔しくて、

泣いた事が分かった。


「やっ君といると、結構、感情を出すんだよね〜」

2人が仲直りをし、また遊び始めた頃、チー君ママが言った。


そういえば、怪獣も、

「チー君は痛くても泣いてないよ!」

の一言で、よく泣き止む。


双方に、刺激しあってる。


友達は、大切だ。