「お手伝い」


最近、怪獣はよくお手伝いをしてくれる。

パンやお餅やクッキー等、家での手作りの機会が増えたからか?

といっても、

手作りが増えたのは、怪獣とキッチンに立つのが楽しくなったからで・・・

まあ、私も怪獣も楽しいんだから、どっちでもいいんだけど。


今夜は、夕飯のお手伝いをしてくれた。

ソラマメをサヤから外し、インゲンのヘタを取り、
フライのパン粉を付けてくれた。


お手伝い効果は、食べる時にもあらわれる。

インゲンの豚巻きフライをしこたま食べながら、

「やっくん、ぷっちん〜ってして〜、ぽんぽんってしたでしょー!」
(やっ君、インゲンをぷっちんして、パン粉をポンポンってしたでしょー!)

と、得意顔。

「おてつだいして〜ありがとうわぁ〜?」
(お手伝いしてくれて、ありがとうは?)

とまで言われ。

はいはい、上機嫌だね〜
┐(  ̄ー ̄)┌


でも考えてみると、

怪獣にとって、お手伝いの理由は、

楽しい<私の役に立つ

なのかもしれない。


それって。

可愛いじゃないかぁ〜
♪(* ̄▽ ̄)ノ″