「だんだんね」


最近、毎日のように怪獣が言う。

「やっくんがぁ〜あかちゃんをだっこして〜♪」
(やっ君が赤ちゃんを抱っこして)

「まぁまがぁ〜やっくんをだっこして〜♪」
(ママがやっ君を抱っこして)

後半でとびきりの笑顔を見せる。

いよいよポコが重たくてたまらなくなってきた私は、
座っている時でも、怪獣を抱っこするのが辛くなってきた。

だからこそ、抱っこは特別な意味を持つ。

抱っこすれば、何でも言うことをきくし、
抱っこすると特別嬉しそうな顔をする。


周りから怪獣は、“もうすぐお兄ちゃんだね”と、度々言われている。

“赤ちゃんは出てこない”・・・そんな事を口にすることもある。

一方で、
「やっくんがぁ〜あかちゃんよしよしする〜!」
(やっ君が赤ちゃんをヨシヨシする!)
そう笑顔を見せることもしばしば。

もうすぐ出てくるであろうポコへの色んな想いが、怪獣の中で渦を巻いている。


「やっ君が赤ちゃんを抱っこしてくれたら、ママがやっ君を抱っこ出来るんだよ〜」

何気なく私が言った言葉。

毎日繰り返されるとは、思いもしなかった。

私が思う以上に、怪獣は色々感じているんだな。。


「ひとりでぇ〜おきがえできるよぉ〜!」
(1人でお着替え出来るよ!)

朝、機嫌良くパンツを履く怪獣を見ながら思った。

ポコが生まれ、「1人で出来ない〜(涙)」となったら・・・

いつでも手伝ってあげようと。

余裕がある時は(笑)!!



ちなみに、

やっ君が赤ちゃんを抱っこして、ママがやっ君を抱っこして、

には、続きがある。


やっ君が赤ちゃんを抱っこして、

ママがやっ君を抱っこして


パパがママを抱っこして、

おばあちゃんがパパを抱っこして、

おじいちゃんがおばあちゃんを抱っこして・・・



まるで『おおきなかぶ』の世界。


“おばあちゃんがパパを抱っこする”あたりで、

リアルに想像していると笑ってしまう。


私が必ず笑うのも、

毎日繰り返す理由かもしれない。