「我が物顔」



今日は久々実家に、姉・私・妹の、3姉妹・3家族が(妹は彼を連れて♪)集まった。

きっかけは、姪っ子の4歳のBirthdayを祝うため。

「やっくんわぁ〜、よんさい?」
「8月になったら4歳。もうちょっと先だね〜。」

「うぃちゃん(姪っ子)わぁ〜?」
「明日で4歳。今日お祝いするけど、今日はまだ3歳だよ。」

同い年、大好きな姪っ子が来ることに大喜びしたかと思ったら、
“姪っ子が4歳になる”ということを意識しまくった怪獣。

姪っ子だけ先に4歳になってしまうのが切ないのか、
“今日はまだ3歳だよ”と私が言うと、ホッとしたような表情を見せた。

同じがいいのか?
負けたくないのか?

色んな事が理解できるようになると、周りを意識したり、隣と競ったり、
大袈裟に言うと、子供なりの精神的な葛藤?みたいなものが生まれるらしい。

まだまだ、たどたどしい怪獣の言葉から、彼の心を読み取る作業は、

難しくも、楽しい。



「やっ君も、手伝ってくれる〜?」

姉が、キャーキャー騒ぎながら遊んでいた姪っ子と怪獣に声をかけた。

『手作りケーキの仕上げ』

ふわふわのスポンジケーキとフルーツ、生クリームなどを持参した姉。

下の子(0歳児)に手がかかる中、ケーキを手作りするだけでも拍手ものなのに、
“今日は雨だから、子供達がパワーを持て余すのでは?”
と、こういう手間も惜しまない。

もちろん、怪獣も姪っ子も大喜び!大興奮!!で手を伸ばしてきた。

イチゴ・桃・みかんを、ケーキの間・ケーキの上に好きに並べる。

「あぁ〜あぁ〜。。」

あまりの好き勝手ぶりに呆れる私に、微笑む姉。

良いママだな。。


で。

出来上がり。

ケーキの上の飾りのイチゴが、逆さまに突き刺さってるって。。

なかなか、ないよね(笑)


Happy Birthday〜♪

4本の小さなロウソクの光の下、お祝いの歌を皆で歌った。

姪っ子の隣には怪獣。
とびきり笑顔の2人。

そして、もれなく怪獣も『ふぅ〜♪』に参加した。

すると、

その瞬間の写真を撮った妹の彼が、爆笑している。


(。°ー°)σ
どんな写真?・・・ん??



そこには、

頬を思いっきりふくらませて、姪っ子よりも先にロウソクを吹き消す怪獣が。。


主役はキミじゃないのよー。。( ̄▽ ̄;)

姪っ子が怒らなくて良かった。。