「家族の時間」




今日は、本当に久々、青空の下、パパと出掛けた。


「ぱぱも、いっしょがいぃ〜!!」

あまりの暖かさに、ハーフパンツを履きかけたパパに対し、
自分と同じ様にGパンを履く事を強要し、

同じ様な派手めなTシャツを着て、

手を繋いで歩く。


携帯のカメラを向ける。

この瞬間を、素直に喜んでいるのが分かる。


普段とは違う表情、声のトーン、足取り。

こんな怪獣は、普段と違うんだよ〜パパ。
分かるかなぁ〜?


パパは、夕方には仕事に戻らなくてはならない。

でも、ちょっと遠出して、上野まで行った。

怪獣には少し早い?と思いつつ、国立科学博物館にて、恐竜の展示を鑑賞。

恐竜の骨は怖い。。と、反応がイマイチだったが、

愛知万博から移設されたシアターなど、迫力ある映像展示に大喜び!

結果、かなり楽しんだようだった。


会場内でのアンケートクイズに答えて、参加賞のペンをもらった時、
並んで順番を待ったシアターに、いよいよ入れると分かった時、

「やぁ〜っったぁ〜♪」

両手を突き上げ、ぴょんぴょん跳ねながら、ご機嫌な声で叫ぶ。

今日、何度か見せてくれたこの光景。

今日のお出掛けは、怪獣の為じゃなくて、

パパや私の為だ。。。

そう思わせてくれた。


パパと別れた後、

歩き回って疲れた私の横でよく喋る怪獣も、また、

親の気持ちを推しはかっているようで、

ちょっと切なくなった。


ワガママを言われたら困るけれど、
ワガママを言われないのは切ない。

親がワガママ、か。。


パパには仕事を頑張ってもらわなくちゃいけないんだけど、

ママと一緒に、たまにはパパにワガママを言おうね!

パパのためにも。。