「お値段」


日曜日の昨日、怪獣の予定はフリーだった。
つまり、保育園もプールもない、暇な1日。

パパは仕事。
義母は怪獣との毎日にお疲れ気味でお出かけは無理。
天気もイマイチ。


ということは・・・


『パワーをもて余した怪獣が家にいる』

( ̄▽ ̄;)


想像しただけで、ポコを抱く私に突進してくる怪獣の姿が浮かぶ。


こわぁ〜っっ( ̄▽ ̄;)


ということで。

私は前の日のうちに、ある人にSOSをだした。


昼過ぎまでは、パパが睡眠時間を削って、公園に連れて行き、

そして、パパが仕事へ行ってしまってから数時間後。

お助けマンの“彼”がやって来た。


チー君


度々ブログにも登場してきた、怪獣のファーストフレンド。

物心ついた頃には一緒に遊んでいた、悪ガキ仲間(笑)

ママとも旧知の仲(ソフトボール部・青春仲間!笑)だけに、
気軽に頼み事もできる。

実家から離れ、知り合いもいない土地で子育てをスタートするママもいるのに。

やっぱり私は恵まれていると、こういう瞬間に思う。


今は別々の保育園に通う2人。

チー君の到着を待ちきれない怪獣は、玄関先まで出てそわそわしていた。


キー!!(>_<)

ポコと家の中で待っていた私の所にも、怪獣の歓喜の叫びが聞こえてきた。

着いたな。。


ドタドタと2人の足音が響き、後ろから、やれやれ顔のチー君ママも登場。


以後、喧嘩アリ、仲直りアリ、走り回り、玩具を投げ合い、扇風機を壊し・・・
怒鳴らる母親の声も、ポコへの愛ある攻撃も、2倍、いや3倍にはなっていた。

男子が寄れば、家が壊れる〜ってか(笑)


写メは、昨夜1番平和だった遊びの最中のもの。

お店屋さんごっこ

ネジ巻き飛行機・音が出る銃・けん玉・ブロックで作った車・ウルトラマン等、

色んな商品が並ぶお店を仕切るのは、チー君。

値段を聞くと、どれも200円か300円とのこと。

100円玉でアイスやジュースが買えるのは知ってるもんね〜。


そして、怪獣がお客さん。


「これ、くぅ〜ださい!」

怪獣の手には、アメフトのレプリカボール。


「それわぁ、たかいですよ〜?!」

意外にも、初めてすんなり売らなかったチー君。


高いって、いくらなんだろう??

(。°ー°)


(チー君)
「それわぁ、・・・200円でーす!!」


(≧▽≦)


大ウケする母2人に対し、きょと〜んとする2匹の怪獣。

お金の価値や使い方は、まだまだこれから勉強する事だもんね。


パワーを使いまくった怪獣は、晩ごはんをモリモリ食べ、

ベッドに入って早々に、寝入った。