「仲間に入れて」


ポコが生まれてから、色んな人に助けてもらっている私。

仕事が忙しい私の母も、時間を見つけては、うちに寄ってくれる。

最近多いパターンは、

“私が夕飯を作り、母が食べに来て、2人の子供のお風呂を手伝ってもらう”

というもの。

ゴハンの時に大人の手がある有り難さはもちろん、お風呂は格別!

1人で2人入れることに慣れてはきたものの、
(バスローブ姿で行ったり来たりしながら。汗)

母がポコをみてくれているだけで、断然私がゆっくり入れる。

お風呂からあげたポコを、母があやし、寝かし付けてくれる間、

怪獣の“ごっこ遊び”にもとことん付き合える。


今夜は、いわゆる“お母さんごっこ”だった。


いつもは、ピーターパンやジャックスパロウ等、戦いものが主で、

私とお母さんごっこをするのは初めて。


「きょうわ〜すきな、くりーむこぉ〜ろっけだよ〜」

「てれびわ〜、ひとつだけでしょー!」

「おかしわ〜、ごはんぜんぶたべてから〜」

「あついから、これはさわっちゃだめよ〜」


お母さん役の怪獣から繰り出されるセリフは、ことごとく私の日常のもの。

母親のモデルが私なんだから、当然といえばそうかもしれないが、

子供をたしなめる言い回しやその表情が、

可笑しい上に、まさに自分だと思い当たる。。この辛さ。

とりあえず、深く考えずに大笑いしておいた。


最近の怪獣は、

本当に、大人の会話をよく聞いているし、それをすぐに憶える。

仲間にも入りたがる。


母と私と怪獣(ポコはオマケ)との食卓。

母も私も、怪獣の言うことに耳を傾け、こちらからも言葉をかけつつも、

つい、仕事や最近気になったこと等、大人の会話もしてしまう。

会話についていけない怪獣が、その間どうしているか気にせずに。。

その事に、今日気付いた。


「昨日のサキヨミ見た?あの女性の競艇選手と、専業主夫の。。」

「見た見た〜。ダンナさんの言葉がさぁ〜、感激したわ〜」

エチカの脳科学おばあちゃんの質問コーナー。。」

「説得力あるよね〜お風呂では、玩具で遊ぶ暇あらへん!って(笑)」

そんな会話の途中、

「久々に見た歌舞伎でね・・・」

と、母が切り出した。

その瞬間、

「かぶとむし〜?」

急に、怪獣の声が入ってきた。

見ると、目をパチパチさせながら、母をじっと見ている。

『歌舞伎』が『カブトムシ』

母も私も大笑い。

そしてその後思った。

言葉は、まず音でつながっていく。
増えていく。

後は気持ち。
知らない言葉に、興味を持つこと。

大人の会話に入りたいと思うこと。


「なに〜?なんで〜?」ではなく、いきなり会話に参加してきた怪獣に、

そんなことを想った。


ちなみに、母によると、こんな言葉のつながり間違いも。

最近名前を教えたアジサイをさし、しばらく考えて出てきたのは〜


『ハクサイ』

だったとさ。