「転落」


やってしまった。。

ポコちゃん、許して。。



昼の事。

私は、ぐずぐず機嫌の悪いポコを抱きながら、

怪獣が服に食べこぼしたアイスクリームを拭き取っていた。


片手で抱かれ、益々ぐずぐずするポコ。


仕方なく、泣かせるのを覚悟で、近くにあったオットマンにポコを寝かせた。


大きめのオットマンだったし、私がすぐ脇にいるし、大丈夫だろう・・・



が。



落ちた(・・;)


頭から、

ポコは床に落ちた。


ポコの脚力が、日増しに強くなっているのは知っていた。


でも、

一蹴りで、あんなに飛び上がるとは。。


「あぶないっっ!」の声で目を向けるも、

私は、頭から落ちていくポコを目撃するだけだった。


私や周囲の悲鳴と、ポコの泣き声が、ほぼ同時に響いた。


「ママが悪かったね〜、ママのせいだね〜。ごめんね〜。」


ポコの泣き声の感じからして大丈夫だろうと、すぐ思えたけれど、

2人目だけに、動揺すると同時に、落ち着いている自分も感じられたけど、


イヤなものです。。


しばらく抱っこしたら泣き止み、意識もしっかりしていて、嘔吐も外傷もない。

それでも、

ポコの笑顔を見るまでは、何だか落ち着かなかった。


そういえば、

怪獣が落ちたのも、同じくらいの時期(生後3ヶ月)だったな。。(反省)


怪獣が寝付いたのを確認して、お風呂に入り直していた私は、

お風呂から上がると、

ベッドから落ちて、うつ伏せでジタバタしている怪獣を発見した。


抱き上げると、号泣。


インターネットで、“赤ちゃん・転落”と検索しながら、

怪獣と一緒に、私も号泣した。


怪獣が寝た後も、

心配で心配で、自分を責めて、なかなか寝られなかった。


ケガは、怪獣で経験済み!とはいえ、

“ポコが〜”となると、勝手が違うようで。

また心配し直し、かな。。



今日、真横で妹が転落するのを見た怪獣はというと。


「まま!あぶないでしょーがぁー!!」

ひとしきり泣いて、ポコが落ち着き始めた頃、

私に走り寄ってきて、すごい剣幕で、こう叫んだ。


真っ赤な顔で、今にも泣きそうだった。


初めて経験する妹の事故だったこと、

大人が一様に動揺し、自分をそっちのけで、ポコの周りを取り囲んだこと、

自分の世話のために、母親が手を離した隙に起きてしまったこと。。


色々感じたんだろう。


ごめんね。。


わざとじゃないとはいえ、

以後、気を付けます!!