「元気でね」

怪獣が伊豆高原にて捕まえたカブトムシ。

「かぶと、かぶと〜!」

そう呼んで、世話をしていた。

突き出す角に憧れたらしく、虫の中で1番好きだと、何度も話していた。


彼が、死んだ。


昨日の夕方、カブトが動いていないのを、怪獣が見付けた。

「あれ〜?ちょっと、みてみる〜!」

虫かごを開け、小さく縮こまり、動かないカブトを拾い上げ、

「・・・」

しばらく言葉がなかった。


「えさは、あげてたのにね〜かわいそうだったね〜でも、しかたないね〜」

私が怪獣にかけた言葉を、そのまま繰り返す。

怪獣なりに、気持ちの整理をしているようだった。


その後、

「こうえんに、うめてあげる〜!」

そう言って、スコップを持ってきた。


家から歩いてすぐにある公園。

ここには、金魚やカマキリや、メスのカブトムシが眠っている。

可愛がっていた生き物が死んだら、天国に行ける様に埋めてあげよう。

自然な流れでそうなってきた。


今までは、常にパパと一緒にやってきた作業。

私が手伝おうとすると、

「ぼく、ほれるよー!」

そう言って、数センチ土を掘り起こし、カブトムシをきちんと埋めた。


そして、

「あんっ!ってするの。」

と、拝むポーズ。

「げんきに、てんごくに、いってください!ありがと〜ぅ!」

そう言った後、初めて笑顔を見せた。


“元気に”“天国へ”

たくさん遊んだし、ありがとうも言ったし、

きっと、行ってくれるよ。


生き物を通しての怪獣の変化に、

ちょっと嬉しい気持ちを抱え、家へ帰った。



と、その帰り途中。

怪獣が、何かを見付けて立ち止まった。


今度は、動かなくなったセミだった。


もしや、またですかー?
( ̄▽ ̄;)


もれなく、公園へ逆戻り。

カブトムシの次は、セミの埋葬式なのでした〜。