「お小遣い」

実家の冷蔵庫に貼ってあったメモ。

懐かしい文字に吸い寄せられた。

TV番組で見た、焼き芋の作り方が書いてある。

『電子レンヂ』
『ヴィタミンC』

らしい言葉選び。

“字はうまくないから”と言いながら、

いつ何を書くにも、丁寧にきっちり書いていた・・・

おじいちゃん。


「おじいちゃんからのお金を振り込みました。確認してね。」

母からメールがきていた。

今年の2月に亡くなった祖父が、孫娘達に・・・と、遺してくれた

最後のお小遣い。


通帳に記された、

『ウメヅカンイチロウ』

を見つめながら、

本当に愛されていたな、と涙が出た。


これからも、

天国の祖父母が喜んでくれると信じて、

幸せにならなくちゃ。

子供や孫を、

同じ様に想えるように、

歳を重ねたい。