「おかん」

朝晩冷えるからか、夏の疲れが出るのか、っていうか子持ちに病気は付き物だからか、

今日の予定は二転三転。

ドタキャンは当たり前のお互い様、しかし風邪明け全快の私は、

二度のキャンセルにもめげず、午後からママ友に電話をかけてみた。


結果、うちに遊びに来ることに。


急に誘える相手がいるなんて、

私みたいな気ままな人間にとっては、本当に幸せで有り難い。


色ーんな、マル秘トークもぶっちゃけ、

またまた仲良くなったところで、

晩ごはんまで「食べていきなよ〜ぉ」と、拘束した。


怪獣と2人(ポコはお味噌)の夕飯のはずが、楽しい食卓に〜♪


ロールキャベツと白和えという、かなり普通の献立に巻き込み、

「美味し〜ぃ♪」

なんて言われた日には、

たくさん作った残りをタッパーにつめ、勢いで押し付けた。


そして、連休に遊ぶ約束をして、今夜のところは、別れることに。


すると、帰宅後、こんなメールがきた。

『タッパーを包んでくれてたビニールの口の結び方がうちのオカンっぽくて、
思わず1人でブハァーって笑ってしまったわよ〜』


確かに。

冷蔵庫にある、うちの分のタッパーを開けて並べた。

色気ゼロ。

おかん、いや、おばぁ〜

か。。