「怪獣報告」



公園にて、怪獣はいつも通り、枝を拾ってチャンバラごっこを始めた。

今日は二刀流らしい。


「せ〜ばいっ(成敗)!」

時代劇お決まりの台詞で、悪物の私が斬られたところで、

怪獣は、2本目の刀を抜いた。


生き返るべきか迷う私。


すると、


「あっ、でんわだ〜!もしもし〜?いまどこにいる〜?」


( ̄▽ ̄;)

えー。携帯電話??


怪獣侍の設定は、私の予想を越える。



怪獣は、急に私の事を“ママ”ではなく、

「おかぁ〜さん!」

と、呼ぶようになった。

いつかはそうなるだろうと思っていたけれど、

予想以上に早い変化。


「子供社会で何かあったのかな?」

メールで報告したパパからは、そんな返信が来た。


確かに、仲良しの友達の中には“お母さん”と呼んでいる子もいる。

「おとこどうしだから、パパがいい!」
と、男を意識している発言も多くなった。


パパはパパだし、大ママ(私の母)は大ママのまま。

とりあえず、理由は聞かずに、様子をみてみよう。



「ママの名前は?」

「やえこ!」

怪獣は、私やパパの名前をしっかり言える。


「じゃあ、大ママは?」

と、今夜は応用編。


すると、

「大ママは〜・・・」

(大ママは〜?)

o(^o^)o


「・・・おくさん!!」


(*≧m≦*)

だそうな。

おしまい。