「強がりにご褒美」

昨日のこと。

季節性のインフルエンザのワクチンを射ちに、小児科へ行ってきた。


生まれてから1〜2年は、注射ラッシュ!

ポコの注射のスケジュールに加えて、

「今年は、新型インフルエンザに備えて、季節性のインフルエンザは早めに〜」

と小児科の先生に言われ、

怪獣の注射スケジュールも加わったからには。。

小児科へ通う日々が続くことになる。

また怪獣とポコで、風邪のキャッチボール状態にならないうちにと、

体調管理もやれやれ、だ。


雨の日は、尚更。

かかりつけ医には駐車場がないため、電車+徒歩で向かう。

ポコは、ベビーカーにレインカバー。

怪獣はレインコート。

私は、ベビーカーを押しながら傘をさし、怪獣のダッシュに声を張り上げ・・・

濡れる。

雨あしが強い日は、情けない気分にすらなってしまうが、

そんなもんだ。


大きな荷物と子供を抱いて傘をさし、自分はずぶ濡れのママ、

レインコートを着て3人乗り自転車をガシガシこぐママ、

ベビーカーを押し、自分の傘は肩と頬で挟んで、上の子の手を引くママ、

ママは逞しくならざるをえない。



注射の直前までは、強がりを言いながら、平気そうな顔をしていた怪獣も、

押さえ付けられると、もれなくジタバタし、もれなく号泣した。

注射嫌い克服は、まだ少しかかりそうだ。。


小児科を出る。

すると、

「はやくぅ!すーぱーいこう!」

と言いながら、またもや怪獣はダッシュしていった。

スーパーで好きなお菓子を1つ買ってあげる約束をしていた。


『注射の後は安静にって言われたでしょ!っていうか危ない〜!』

と、私が走っていく怪獣に叫ぼうとしたら、

くるっと怪獣が振り返り、こう叫んだ。


「ぼく、ちゅうしゃ、すきだよー!!」