「連休は鼻水ポコ」



母の誕生日を祝うため、孫4人をメインに集まった。

怪獣と姪っ子で飾りつけをしたケーキ。

2人が大好きなミカンの缶詰めばかりのせたり、

キウイに至っては、手でちぎられたり(涙)したものだから、

見た目は、そりゃー笑っちゃうくらいメチャクチャだけど、

手作りのスポンジは、ふわふわのカステラみたいな懐かしい味で、

お腹いっぱいだったのに、ちゃーんとおかわりまでしてしまった。


「おじいちゃん・おばあちゃんが亡くなって、ふっと思ったわ。
今までは親の心配をしていたけれど、次はいよいよ私の番〜?って。」

そう言って母は笑った。

笑える若さと健康が、有り難い。

まだまだまだまだ五十代、

元気でいてください。



その夜、

いよいよポコの鼻水が酷くなり、

授乳に差し支えるほどに。

泣く泣く、連休最後のお楽しみのピクニックはキャンセルし、

養生。

いたしかたなし。


退屈全開の怪獣は、親友のチー君が救ってくれて、

本当に助かった!!


大好きな香りにふと見上げると、

大きく高くそびえる金木犀が、

秋のすみきった空に、キラキラ輝いて見えた。