「あぁーほぉー(涙)」



「みてーー!」

の声に振り向くと、

こんなんだった。



実家に食材を持ち込んで、

春巻きに春菊のおひたしに豚汁〜な夕飯を作り、

母を待ち構えて、

食べ過ぎた今夜。

胃もたれしているわりに、

母と私は涙を出しながら、
ひーひー笑った。


疲れと風邪とスケジュール過多に、凹み気味のパパにも、

すぐさまメールで送った。


怪獣の笑いは、

パパを救う(きっと)。


怪獣はというと、

私達のリアクションに、満足そうに笑っていた。

アホなことをして、周りを笑わせることが、

楽しいんだねー。

だって、この表情。

わざと笑わずに真顔ー。

笑わせようと、意識しているとしか思えない。


ちなみにこれは、

開封後のポテチやお茶なんかをとめておく、

クリップらしい。


どこから持ってきたんだかーっ!