「えらいえらい」

赤ちゃん帰り、とは言わないが、

私の手が空くとすかさず、

「だっこしてー(笑顔)」

となる怪獣。


ポコを可愛がる気持ちはあるけれど、

お兄ちゃんへの道は、なかなかに険しいらしい。


ただ、急に前進する瞬間がある。

“3歩進んで2歩下がる”じゃなく、

しばらく止まって、
時に後退りして、
膝をグッと曲げて・・・

いきなり、ジャンプ!するような。


例えば、

慣れてきたとはいえ、毎晩私があたふたするお風呂にて、

昨日から急に、

「じゅぶんで、あらえるよー!」

と言って、髪をゴシゴシ。

シャワーも1人で頭から浴びて、

すっかりキレイに洗うようになった。


温まったポコを先にあげ、

着替えをさせていた私は、

「すごーい!さすがー!」

と、怪獣をその気にさせるために、

大きな声でリアクションをとった。


そして、本当に感心していた。


パパやジージと一緒に入ると、

自分で頭を洗うことがあるとは聞いていたけれど、

私と一緒の時は、あり得なかった。


「ままが、だっこして、たいへんかな〜ぁっておもったからさぁ〜」


うふふ(*^^*)


すねたり、駄々をこねたりを、毎日叱ってしまうけれど、

もっとこういう頑張っている所を、

誉めてあげなきゃね。