「先輩後輩」



毛布に布団を重ねるこの季節、

2人を寝かしつけ、ベッドから抜け出すのは、

ちょっと大変。


暑がって布団をクチャクチャに巻き込んで寝ている怪獣に、

スリーパーや添い寝授乳用のタオルシーツ等にまみれているポコ、

とにかく、何かしらに足を取られそうになるから、

怖い怖い。


でも、

この姿を見ると、今日も無事に終了したなぁ〜と、

ちょっと幸せな気分にもなる。

2人の寝息が心地よい。



さて、今日は楽しかった!

よく食べたし、
よくしゃべった。

赤ちゃんは、可愛すぎた!


恭子さんJr.は、

うつ伏せで、寝入る寸前でも、

目が合うと、ふにゃ〜っとsweetな笑顔を見せてくれるし、

(だから勝手にスマイル君に決定!)


とみちゃんJr.のうなる君は、

その表情といい、佇まいといい、

存在自体がありがたーいお地蔵様みたいで、

いつまでも見ていたい(拝みたい?笑)感じだったし、


やっぱり、赤ちゃんは癒される。


ポコはというと、


やはり月齢の近いスマイル君にも、

体重以上の体格差を見せつけ、


うなる君に至っては、

ガシガシ蹴ったり、叩いたり(呆)


イビキをかいて寝るわ、

プレイマットは足で掴みかかりにいくわで、


そりゃーとみちゃんに、

面白がられるわけで。



来年4月に揃って復帰する予定の3人の母、

こういう先輩後輩の縁に、

改めて、すごく感謝した。



ところで、

今日のランチは、

とみちゃんが、

美味しいシチューでもてなしてくれたのだが、


何の気なしに、

迎えに行った怪獣にその事を話したら、

「くりぃむしちゅーたべたい!」

となり、


なんと、私は、夜もシチューを食べることになった。


やれやれ。