「最高の涙」

最高の涙
宮里藍との一四○六日

・・・題名の下には

安 藤 幸 代

・・・帯には

藍ちゃん(あんちゃんがそう呼んでいたので、ここでは藍ちゃんで失礼します!)の横で、

トレードマークのでこりん笑顔が輝く、

あんちゃんが、

いたーーー!!!


本を出すなんて、本当にスゴい!

同期として、喜ばしくもあり、羨ましくもあり、やっぱり喜ばしくもあり。

悩みながらも、仕事に誠実に向き合ってきたあんちゃんの晴れ姿!



今から読みます。

あんちゃんを通して、藍ちゃんの人柄、苦悩、生き方に教えられてきた私。

“生みの苦しみ”を味わったというこの本には、

そんな藍ちゃんのことだけでなく、

誠実さの向こうにある、あんちゃんの強さや優しさも味わえるはず。

さてさて。。