「ポコ連れランチ」



最近、徐々に暴れ始めたとはいえ、ポコは基本的にお利口さん。

だから、度々ランチに連れ出している。

怪獣の時とは大違い。

私の違いか、赤ちゃんの違いか、

子育ては何度やっても、

全く違うものになりそうだな〜(笑)


昨日は、

しばらく会ってないと会いたくなっちゃう人である、

大学時代の仲良しマリちゃんとランチした。


「前回来た時に、空いていたとはいえ、
友達の子供がソファーを行き来しても、
うるさく言われなかったから〜(笑)」

と、彼女がチョイスしてくれたお店は、

素敵なフレンチダイニングだった♪

なるほど、

ベビーカーOK、ポコにも寛大すぎるおもてなし。

「可愛いですね〜」

お店の人にそう微笑まれるだけで、

どれだけ居心地の良さを感じるか。。


ビルの中には、当然のごとくベビールームがあり、

授乳室も清潔(*^^*)

大人のトイレにも、ベビーホルダーはもちろん、

ベビーカーが入れられるスペースに、

こんなに可愛いトイレが完備されていた。

ポコはまだ使えなくて残念〜!なんて、

何だか笑顔になってしまった。


エレベーターがあるだけでなく、

ベビーカーや車イス優先のエレベーターがあるか、

こんな事も、意外と重要。

本当なら、何も表記がなくても、優先される社会が必要なんだろうけど、

電車の優先席がそうであるように、

なかなか。。


エスカレーターがあるじゃーん(泣)

つい最近、大人ばかりで満員なエレベーターを3基見送った時には、

心の叫び!が口を伝って出そうになった。


不自由さを体感しなければ分からない事があるのか?
想像力の欠如?
思いやりのなさ?
社会が疲れている?

私も、子供が生まれるまでは、そうだったかな。。


もちろん、思わぬ人からのぬくもりに触れて、しびれる事も多々あるけれど、

エレベーターに乗る時に、ベビーカーを見て、舌打ちされた事もあるので。。

なかなか。。(-_-;)


子連れの事ばかりケアしてられないとは思うけど、

子連れに優しい社会は、

皆に優しい社会になりうる気がする。

子供を生みたくなる社会にも。