「今夜は演奏家」

鉄腕アトム。


ちんとんしゃん。と、そこらじゅうの物を叩きながら歌っている。


「こ〜こ〜ろや〜さし〜♪ららら・・・」


いつの間にか、一緒に呟いている自分に気付く。


小さい頃、髪の毛がいつも跳ねていた私は、
ウランちゃんと呼ばれていたらしい。

好きだったなぁ〜アトム。


怪獣と私、時代は違えど、同じものに惹かれている。

『良いものは変わらない』

それが嬉しい。

さて、歌っている怪獣はというと、

「ららら・・・〜♪」

しばらく放っておく。

すると、3周位して、

「あれ?なんだった?ままうたってー!」


( ̄ー ̄)


「ららら、科学の子,だよ。」

と、私が歌って教えると、


「そうだ!もういいよ!ぼくがうたう!!」


だそうで。


( ̄ー ̄)

一生懸命だねー。
はいはい、どうぞー。


「じゅうま〜ん、ばりきぃ〜だっ♪」

この後は、もちろん


「鉄腕アトム〜♪」


に決まっているのだけど、

怪獣は、


「てつだ〜ぅあと〜む♪」

だと言ってきかない。

「手伝うアトム」

それも、


「アトムは、おてつだいするんだよ〜」

と、だめ押しの理由説明。


鉄の様に強い腕の・・・

と説明してもダメだった。


怪獣が好きなのは、

ママも大好きだった『鉄腕アトム』だと思っていたのに、

残念ー(笑)!