「真っ暗な道」

この時期は、

5時に保育園に迎えに行っても、

家に着く頃には真っ暗になる。

昨日の写真。

暗すぎて、ほとんど写っていないに等しいけれど。。



おねむだったポコが泣き出したため、

保育園を出てすぐに、

ポコ→ダッコ紐

空いたベビーカー→怪獣

おまけに、

ベビーカーには、スーパーの買い物や保育園からの洗濯物がいっぱい!

という状態になった。


・・・つまり私は、

夕暮れの中を、

重たいポコを抱きながら、

重たいベビーカーを押していた。


途中、

恥ずかしながら息が切れたり、

手が痛くなったりして、休む度に、

「まま、だいじょーぶ?」

と、怪獣が振り返って聞いてくる。


「大丈夫だよー。ママも強くならなくちゃ!」


運動不足で体重も上昇気味(汗)だし、

筋トレだ!と、私は強がりを言ってみた。


が、

家の直前の坂に差し掛かった時、

いよいよ腰が痛みだし、

いやーな予感がし始め。。


その瞬間、


「ままー!とまって!ぼくたちたい!」

と、怪獣が言った。


( ̄▽ ̄;)

た・たすかった〜。

心を読まれていたかしら?

でもこれで少し軽くなる。


私はベビーカーを押す手をとめた。


怪獣は、

ぴょんとベビーカーから飛び降りて、

ただ歩くのではなく、

「ぼく、おしてあげる!」

と、ベビーカーを押しだした。


つい最近までを思うと、

よたよたして、とても任せられない。


と思ったら、


力強く、真っ直ぐ押している。。


その上、怪獣が言った。


「ままは、いつもたいへんだよねっ。

でも(ポコ)ちゃんがいて、ままもいて、しあわせピカピカだなー。

だからさぁ〜、がんばろーねっ!ね?!」


幸せピカピカとは、怪獣の照れ隠しの言い方。


小さな君に、母は教えられ励まされているねー。




32歳になりました。

母親としては、まだ4歳。