「作戦勝ち」

怪獣とチー君。

お互い、会う日を待ち焦がれていた2人。


なのに、会った途端、

別々に、

黙々と、

遊び始めた。



怪獣は、

チー君の持ってきたヒーロー玩具を持っておらず、

逆もまた然り。



しばらく、互いの玩具に熱中する時間が過ぎた。



そして、

たくさん遊んだ帰り際、

どちらからともなく、言い出した。



“貸してもらいたい”と。



母としては、

迷った挙げ句、



怪獣は、今まで誰にも回させなかったコマを対戦台ごと貸すと言い、

チー君は、24時間鳴らしていた大切なヒーロー玩具一式を貸すと言う、

その本気具合に負け、


“貸してあげる気持ち”を育てられるかな?

という思惑もあり、


貸し借りを承諾した。



もちろん、

返す日を決めさせ、

丁寧に使うことを約束させた。



大喜びの怪獣と、チー君。



お陰で今日は1日、

私もポコも、

ヒーロー玩具の電子音を聞かされた。。




サンタさんからは、

前作のヒーロー玩具を持っているとの理由から

もらえなかった玩具。



玩具をどう我慢させるか、

買い与えないか、

サンタさんには、散々悩んでもらったのに。。


ごめんね。




子供達のこの作戦は、


親にとってはエコノミー?


地球にとってはエコロジー??



どちらにしても、


恵まれていることを、

感謝しなくちゃね。