「結婚願望」

「ぼくは、か〜ずぁちゃんと、けっこんすることにきめたんだょ〜」


バレンタイン効果か、
きまぐれか、

保育園から戻った怪獣が、急にこんなことを言った。


娘を持つ父ならば、切なく受け入れがたい台詞?も、

怪獣母としては、

何だか嬉しくなってしまった。



お風呂に入る時、

野暮なことと知りつつも、

「ねーねー、やっ君が結婚したいって言ったら、かずはちゃんは何だって?」

と、聞いてみた。


すると、


「か〜ずぁちゃんは、いやなんだって〜」

と、切ない表情。


そっかー、

片想いかぁ〜(笑)


「ぼくがそう(結婚したいと)いったのに・・・ちょっと、さみしくて〜」


そう言いながらうつむく怪獣を見て、

悪い母は、

笑いをこらえていた。


いっちょ〜ぅまえに、
なったね〜


切なさの3秒後には、

お風呂で大はしゃぎしている、

4歳児なりの恋物語。


続きも聞かせてね〜