「春の味」

小さい頃は、全く興味のなかった

『お豆ごはん』

これがメインで大満足!と思えるのは、

私が歳をとったからか?

いや、

子供のために、毎日ごはんを作っているからだ!

と、思いたい。


季節を感じて欲しくって、

素材を味わって欲しくって、

好き嫌いがなくなって欲しくって、


タケノコは米糠で煮るし、

ふきは板ずりして茹でてから筋を取り除く。


個人的に、

ふきの筋取りは大好き。

ちょっと快感なのだ(笑)


でもとにかく、

こういう手間は、かけられるから不思議。

隅々までお掃除〜は出来る気がしないけど。


あっ、

お掃除はマラソンみたいに、

達成感を味わないことが大切らしい。

深く共感。




怪獣は、

嫌がることなく、

さほど喜ぶこともなく、

お豆ごはんを完食した。



私は、3杯食べた。

母がよく作っていたのを思い出し、

今さらながら、感謝した。