「泣泣泣」

怪獣は今朝も大号泣。

ママがいい〜+写真のチー君に会いたいんだそうな。


新しい友達ができて、

「たのしい」
「ほいくえんは、やめない」

と、昨日の帰りは笑顔で言っていたんだけど。。


やっぱり朝の登園時には、

寂しさが込み上げてくるらしい。


ひとしきり泣いて、

私にまとわりつき、

泣き止んで、

「おしごと、がんばってねっ。。(泣)」

と言ったかと思えば、

裸足で門まで走ってきて、

また大泣き。


私の笑顔も、苦笑いにならざるを得ず。


そして、

そんな日に限って、

お迎えはいつもよりも遅い。



そうそう、

鼻水再開のポコも、今朝は泣き出した。

私がいなくなることが分かるんだねー。


胸が痛い。


そういえば昨日、先生に、

「やっと私に慣れてくれたのか、

泣きながら抱っこをせがんでくれるようになったんですよー」

と言われた。


ここまで泣かなかったのは、

ポコなりの緊張感だったのか?


表現は違えど、

新しい環境に戸惑い・不安はついてまわるよね。。



そんなこんなで、

清々しい反面、

会社でちょっぴりもやもやしていた私に、先輩が

「うちも春が来る度に、兄弟で泣いていたよ〜」

とか、

「上の子は、6歳くらいまで泣いてたんじゃないかな〜?」

などと、話をしてくれた。


私や怪獣だけじゃない!

と思えて、

本当に救われた。



怪獣の手前、動じないよう心掛けていたけれど、

やっぱり心配はしていたし、

自分を責める気持ちが、わき上がっていた。


共有出来る人がいるのは、

本当に有り難い。


そして、

パイオニアのママ先輩方には、

特に感謝。



共有出来る人とといえば、

アナウンス室で、

復帰後初めて恭子さんに会った。


会ってまずハグ、

色々話していたら、

お互い、涙ぐんだりして(笑)


もうすぐ復帰してくる、とみちゃんも加わったら、

切ないことだけじゃなく、

楽しいことも共有して、

泣き笑いしたいな。





これから、お迎え!


今日は怪獣に、

アイスクリームを買ってやる約束をしてしまった。


ついつい甘くなるのは、

どうしたものか?