「綱渡り」

ポコが発熱!


私→休めない仕事
パパ→ダメ
父→ダメ
母→ダメ

今日に限って〜(涙)

が重なる。


結果、

ポコの育児で初めて、

親族以外の手を借りざるを得なくなり、

朝からバタバタした。


先週は、休まずに保育園に行っていたけれど、

ずーっと咳をしていたし、

お腹の調子も今ひとつだったもんね。

日曜日に熱を出すあたり、

ポコは親孝行だねー。



あたふたしながらも、

半休を取らせてくれた会社に感謝しつつ、

仕事に向かう道すがら、

シッターさんから電話が入った。



「今、熱を測ったら9度あって、グッタリしているので・・・」



ひぇー(*_*)



病院で

「流行りものではない」

と言われたとはいえ、

(滅多にない)シッターさんからの電話に

「様子を見てください」

と返す自分に、

「それでも母親かー?」

と、誰か(多分、私)が叫んでいる。



ごめんねー
ごめんねー

仕事が終わったらすぐに帰るからねー(涙)



子供の病時、

仕事を休んだら仕事へ、

子供を預けたら子供へ、

どちらにしても罪悪感が込み上げる。



結果、


母が、仕事の合間に駆け付けてくれた。

パパからも、こんなメールがきた。


「家族よりも大事な仕事はないから、遠慮なく言ってね」


どうやら、

帰れるよう調整してくれていたしい。


有り難い有り難い。



綱渡り、だからこそ、

支えられていることに気付く。



ポコの顔を見て、

ホッと一息つけた今、

まずは栄養をつけなくちゃねー。