「夏の香り」

今年、初めて花火をした。


もちろん、

怪獣からのリクエスト。


晩ゴハンを食べている時から、

窓の外に目をやり、

「もうくらくなった〜?」と

怪獣はそわそわしていた。


花火の香りは、

夏の終わり
今は亡き家族の空気
座った縁側の木の感触

など、次々運んでくる。


怪獣の笑い声を聞きながら、

ちょっと切ない気持ちがした。




だいぶ日が長くなったな、

と実感した今日は、

母の日。


私はというと、

朝から、


すっかり忘れてたーー!


と、慌てて義母にお花を送った。


しかし、(当然)

今日は間に合わなーい!

という失態。


やっちゃったー。。


野菜や怪獣へのお菓子など、

定期的に送ってくれる義母に、

大好きなお花を・・・

と、“発想”はバッチリなのに、

“発送”が・・・


(-.-;)


あー、投稿内容までくだらない。



で、とにかく義母に電話をかけた。


30分程ペラペラ喋り、

とても喜んでくれた。



その後、

ついでに(笑)

実母にも、電話をした。


私の母は、

「母らしいことをしていないので〜」

と、いつも笑いながら母の日を辞退する。


働きマンの母は、

確かにいつもつかまらず、

物理的には、

私をいつでもサポートしてくれるわけではない。


でも、

私が今、

仕事を続けているのは、


間違いなく、

母の影響が大きい。



義母にも、実母にも、

改めて、感謝。



ちなみに、

怪獣は今日、

パパに促されて、


「ありがとう〜ありがとう〜ありがとう!」


と、ありがとう三唱を私にくれた。


“母の日”と聞いても、

きょとーん、

と、あまり反応はなかったけれど、


言われた私は、


ちょっと照れてしまった。


母親は、幸せだ。