「怪獣がはねたら」

誕生日に、ギリギリで風邪が治ったポコ。

予告通り、家での手巻き寿司パーティーで、義父母も一緒に家族でお祝いした。


自分のお祝いだと、まだ理解できずに、キョトン顔のポコの傍らで、

怪獣は、ギャーギャー!!Webネーム通りの騒ぎっぷりだった。

本当に。どこからそのパワーが出るのか??呆れるほど。


まぁ、それもそのはず。

とことん遊んでくれる、大阪のおじいちゃんがいるんだから、

興奮しちゃうわ、そりゃ。


大阪のおじいちゃん=義父は、

『とことん』の人。

唯一無二な存在感で、説明し難いのだが、

とにかくよく食べ、よく喋る。

1時間一緒にいると、1日一緒にいるかのような気分になる(褒めてない?笑)。

本当にパワフルな人だ。


息子には厳しかったらしいけれど、

孫には大甘で(よくあるパターン?)、

義母に怒られるまで、

食事中も、怪獣と2人でふざけ合っていた(笑)


だから

義父がいる2日間、

怪獣は、寝る直前まで、ずーーっとハイテンションだったわけで。

(ベッドに連れていくと、疲れて3秒で寝てしまっていたっけ。笑)


で、義父が帰った金曜日。

会社で仕事をしていた私に、保育園から電話がかかってきた。

ポコの風邪がぶり返した?と思ったら。


『怪獣が繰り返し吐いている。熱以上にぐったりしているので、迎えを・・・』

と言われた。


(-.-;)
嫌な予感はしていたけれど、ここまでストレートに出るとは。


もちろん、

保育園で嘔吐下痢の風邪が流行っていて、それがうつったのだから、

義父のせいではない。

“とことん遊ぶ”を許していたのは、親である私。

義父ばかりが、責められるのは、おかしい。


でも、

あの騒ぎっぷりを目の当たりにしていた義母は、

そりゃー疲れて体調も崩すわー(怒)と、義父にお灸を据えたらしく、

「やえちゃん、ごめんなー。お父さん、行かんかったら良かったなー。。」

と義父は、電話口で大反省モードだった。

申し訳ないくらい(笑)


「ちょっと、反省させなっ(怒)」

珍しく、厳しい義母。

ベテラン夫婦の微妙なバランスを感じて、ちょっと面白かった。



ポコも怪獣も、回復傾向。

ご心配なく。。