「嫌なもん」

やれやれやれ。

肌寒い雨の日、ただでさえも憂鬱なのにー。



ポコの看病で寝不足、

(ポコを出産後たびたびある)偏頭痛、

朝から小児科は激混み、

はぁー。


深呼吸がため息になる。



唯一の救いは、義母に任せて仕事に出られた事だけど、

それを察したポコは、火がついたように泣くし、

乾燥機をフル回転させても、室内の干し場はいっぱいだし、

明日まで色々休めないー、義母や怪獣のお昼ごはんはどうしようー、など、

なんだかブルーな気持ちはぬぐいきれず。



こういう時は、色々考えすぎないに限る。


考え出すと、

(やっぱり子供達が犠牲になっている?)

なんてことまで行き着き、悶々としてしまうから。


多くの男の人には、

仕事と子供を天秤にかけたくないのに、かけざるを得ない、この感覚、

分からないだろうなぁ。。

じゃあ、辞めたら?という議論になりそうだな。。




私の機嫌を察したパパは、

今朝、朝ごはんにお握りを作ってくれた。

小児科にも、付き合ってくれた。


でも、今日の私は、『ありがとう』が上手く言えなかった。


掃除、洗濯、朝ごはん、

病院へ連れていくこと、

もっともっと主体的にして欲しいと思ってしまう。


子供が大好きで、本当によく遊んでくれる、それだけで感謝しているし、

言えば、嫌な顔せずになんでもやってくれるんだけど。


「手伝って」と言うのがしんどかったり、

っていうか、なんでいつも私がお願いする方なわけ?

なんて、思ってしまう時もあるのさー。


普段は、家族には私がいなくちゃという気合いが、私の幸せにつながっているんだけど。

今朝は、私の方が早く出なくてはならなかったし・・・


自分のバランスが崩れていると、

相手に感謝出来なくなるものですね。


反省!


ひとまず、パパにメールしよう。

『ごめんなさい、ありがとう』