「元気で何より」

今朝は怪獣だけ登園した。


怪獣は、義母が作ってくれた朝ごはんに、お土産のお菓子まで食べて

元気いっぱい。

私やポコを引っ掻き回すように動き回り、何度か叱られながらも、

本当に元気いっぱいだ。


嘔吐の症状がある時は、青い顔でぐったりし、ものも言わなかったのが嘘みたい。


ま、やれやれ。

元気で何よりだ。



家を出て、

ポコもいないし、手をつないでゆっくり怪獣と話しながら行こう♪

と、私が手を差し出すと、


ぱっちーーんっっ!


その手は叩かれた。


同時に、

「よーいどんっ!」

の声。


えーーー(~_~;)


もちろん、私を置いて、怪獣はダッシュ。


まったくー。


その後の道すがら、

走っているか、何かを拾っているか、ゴミ収集のお兄さんに手を振っているか。

手には梅の実、頭には蜘蛛の巣(なんで?)、洗ったばかりの靴はもう汚れた。



やれやれ。

元気で何よりだ。



明日からは、きっとポコも一緒に保育園に行ける。